fc2ブログ
2024・02
<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/ 03 >>
2007/01/19 (Fri) こっそりと
ーーー326著 
いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。 より抜粋ーーー

うちの父ちゃんは口べたで、言葉ではほとんど愛情表現してくれない人だったんですよ。
でも、父ちゃんが他界して、僕も大人になってから、
僕が幼稚園に行く後ろ姿や、兄ちゃんと遊んでいるときの写真とかがいっぱい
出てきたんです。
それ、父ちゃんが、僕が出かけるのを急いで追いかけて、僕に気づかれないように
こっそりと撮っていてくれたものなんですよ。
写真を見つけたとき、ほんともう嬉しくってしょうがなかったです。
「ああ俺、父ちゃんに愛されてたんだな」って。

「言葉」はいっぱい在るけれど、それをひとつも使わなくたって、
「背中」や「行動」で、何かを伝えることって出来るんですね。
そして、ときとしてそれは言葉よりも強く、
相手に想いを届けてくれる。

これは僕の父ちゃんが教えてくれた大切なことです。sDH000022.jpg

スポンサーサイト




2007/01/19 (Fri) 大きく変わる
sDH000028.jpg





「大変」っていうのは、
誰かが成長しているときや大きくなろうとしているときに、
ついて回るもの。

大きく変わると書いて、「大変」

今、貴方が大変だとしたら、
それは、成長しているからです。


ーーー326著 いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。
より抜粋&編集ーーー

2007/01/16 (Tue) 貧富
人は与えることによってのみ豊かになり、
溜め込むことによってのみ貧しくなる。

ーーーオグ・マンディーの著 ことばの魔術師からの贈り物 より抜粋ーーーSFH010002.jpg


2007/01/15 (Mon) 道
20070115231135.jpg



この場所はたった一度しか通れない。
ここで出来るよいこと、
他人に示せる親切があれば、今、それをやりなさい。
それを先に延ばしたり、怠ってはいけない。
なぜなら、この場所をもう一度通ることはないのだから。

ーーーオグ・マンディーの著 ことばの魔術師からの贈り物  より抜粋ーーー

2007/01/09 (Tue) 軌跡
20070109232558.jpg


古本には、前の持ち主の様々な息づかいが残されています。

折り返されたページの四隅。
文字の横に引かれた赤線。
あとがきのページに、走り書きされた感想文。
本と共に、その人のぬくもりが添えられています。

これから読んで頂く短い文章は、私が出会った素敵な本の軌跡です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
○○君へ

ママ、ちょっと言い過ぎでした。
イライラしてごめんなさいね。
でも、もっと、強い人になって下さい。
どんな時でも、乗り越えられる様に
倒れても、倒れても、立ち上がって、
また、やりなおせばいいのです。
諦めずに、自分を見つめ、
信じて進んでいってください。

「自己」というものを考えてみてください。
「自己中心的」
と言う言葉があります。
これはママに当てはまります。
反省します。
でも、○○君は違います。

いつも、見つめているよ。
    思っているよ。




  大切な ○○へ

              母。


司馬遼太郎著
「21世紀に生きる君たちへ」

手に取り、
ぱらぱらとページをめくると
この一枚のメモ用紙が挟まれていました。

この本と一緒に、
母親が息子宛に
プレゼントしたモノだろうか・・・・。
それとも、
母親の好きなこの本に、
渡そうと思って渡せなかった
このメモ用紙を挟み、
そのままになってしまったのか・・・。

この本とは別に
違う物語が、
私の中で始まった・・・。

20070109232539.jpg